読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10代・20代にこそ読んで欲しい、婚活おじさんの日記

そろそろ賞味期限が切れそうな中年おじさんの婚活を記す日記です。10代、20代の人たちにこそ読んで欲しい。そして、よりよい人生を生きて欲しい。そんな願いを込めて書いています。是非拡散して下さい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 30代の恋愛へ
にほんブログ村

このブログのメッセージ
↑エッセンスを概観したい方はこのページを先ずは読んで下さい

街コン(1)

さて。詳細記事の一発目は 2017年3月末に参加した初めての街コン編です。

 

そもそも街コンとは何なのか。定義が難しいですが、要するに

  • どこかの街で開催される
  • 男女の出会いを目的としたパーティで
  • 自治体が主催していたりその他業者が主催していたりするもので
  • 同じ趣味の人たちが出会えたり
  • 何らかの条件を設定してそれに該当する人達だけが参加できたりして
  • 男女それぞれ5〜100名程度、様々な規模で行われており
  • 自由に交流するもの、グループごとにローテーションされたりするものなどがある

という感じだと思います。一般的には女性の方が安めの価格で参加できる様です。私もあまり多くに参加している訳ではないですが、だいたい男性は4000〜8000円くらいが相場の様です。

 

ごちゃごちゃ書いていても面倒なのでメッセージだけ先ずはお伝えします。

  • 街コンが最強です。婚活をするなら街コンに行って下さい。
  • ※少なくとも、若くてかわいい人と出会いたいなら

そう判断する理由ですが、

  • オーネットなどの結婚相談所は「残り物」が多い。かわいい人はほとんどいません。感覚的に、1/50〜1/100 です。また、年齢層も高めで、26〜35程度がボリュームゾーンと言えそうです。その割に登録料数万+月1万ほどかかります。
  • ネット系の出会い系アプリはかわいい人も登録されていますが、サクラがいたり、仮に本物でも写真の見栄えが第一なので、まず自分がマッチする事はないです(超絶イケメンならその限りではないかもしれません)。という内容で月、4000円ほどかかります。
  • 私が参加した街コンはだいたい男女それぞれ20〜30名程度のものですが、それでも普通にかわいいなーと思える人が 1/10 程度はいます。つまり2〜3人くらいはいました。年齢層も、そもそも20代女子×年上男子といったくくりで若めの人に出会えます。

といった感じです。街コンに一回行けば、若くてかわいい人に数人、出会える訳です。ネットでのやり取りと違い、直接言葉を交わす事も可能なので、仮に見た目に自信がない人でもコミュニケーションによっては挽回できる可能性もあります。

という訳で、街コンが最強でしょう。「若くてかわいい人に出会いたい男子は街コンを使って下さい」。こんな事書いてますが私は街コンの業者でもなんでもないです。みなさんに間違った選択をして欲しくないただの婚活おじさんです。

 

前置きがだいぶ長くなりましたが、初めて参加した街コンの記録に戻りましょう。この日は赤坂で開催された「大手企業、上場企業又は公務員 × 20代女子コン」というものに参加しました。

 

一言で言うと、

  • 「大手・上場企業・公務員」の市場価値に見合う女子はごく一部しかいない

という事。 大手、上場企業、公務員と言えば、ざっくりですが年収ベースでおそらく上位10〜20% には入るでしょう。それに見合うという事は、女子も上位10〜20%を期待するのがこちら側の心情でしょう。ではそれに見合う人がボリュームあるかと言うと、とてもそうとは思えませんでした。

が、逆に言えばごく一部は見合いそうな人がいるという点に注目して欲しいです。一回行けば出会える。そういう事なんです。

 

全体としての概略を説明すると、

  • 男性参加費 ¥7,900 / 人
  • 全体では男15 vs 女15程度だったと記憶
  • かわいい人は 2〜3人(もちろん判断は人によるとは思うが)
  • 男2 vs 女2、男2 vs 女1 の着座のテーブル
  • 話す時間は20分程度で、男性が次のテーブルに移動、女子はそのまま
  • ドリンクは飲み放題
  • 料理は出るがほぼ期待できない手抜き
  • 連絡先交換は参加者に委ねられていて、システムの手助けはない
  • 好感度によるマッチのシステムもない
  • とりあえず「連絡先交換しましょう!」はあまり断られる雰囲気はない
  • 男性側は「大手企業、上場企業又は公務員」という制約だが、実際何かの証拠を提出している訳ではなかった(自分は満たしていた)。街コンによっては、源泉徴収票などで確認したりするものもある様子。

といった感じでしょうか。

 

細かい人物像も書こうかと思ったのですが、疲れましたw 割とどうでもいいのでそのうち気が向いたら書き足そうと思います。

 

それではみなさん、よいお嫁さん探しを!