読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10代・20代にこそ読んで欲しい、婚活おじさんの日記

そろそろ賞味期限が切れそうな中年おじさんの婚活を記す日記です。10代、20代の人たちにこそ読んで欲しい。そして、よりよい人生を生きて欲しい。そんな願いを込めて書いています。是非拡散して下さい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 30代の恋愛へ
にほんブログ村

このブログのメッセージ
↑エッセンスを概観したい方はこのページを先ずは読んで下さい

コメントを頂きました

コメントを頂きました

このブログ初のコメントを頂きました!嬉しいです。読んで頂いているという実感が湧いてきました。

 

頂いたコメントの要旨はこうです。

  • 売れ残りが売れ残りを叩く滑稽なブログである
  • 20代女性は20代男性を求めている
  • 30過ぎのオッサンは痛いので街コンに来るな

という感じです。

 

頂いたご意見について考えてみましたが、結論としては、私はこれからも必要に応じて街コンに参加させて頂きます、という事です。

 

何故そう考えるのかについて、書いてみたいと思います。

 

売れ残りが売れ残りを叩く滑稽なブログである

まず誤解なさらないで欲しいのが、私はいわゆる売れ残りの方を叩いているつもりはありません。言うなれば「もっと早くアクションしていれば結婚できたかもしれないのに、大変残念ですね。取り返しが付かない選択をしてしまいましたね」という感想を述べているのと、まだ若い女性は反面教師としてそうならない様に早く婚活をしましょうね、という提案をしているだけです。

 

ちなみに私も売れ残りです。否定しません。そして、私も取り返しの付かない選択をした可能性があるので、とても後悔しています。しかしそれは自分の人生なので自己責任です。自分が悪いのです。

 

おそらく、このコメントを頂いた方は30代以降の女性なのでしょう。なのでこの様に感情的な書き込みをされているのだと思います。20代女性であれば、「あぁ、私も早くしなくっちゃ」と思う程度で、むしろメリットのある提案でしかないからです。カチンとくるのは自分が当てはまっているからでしょう。そして、私はコメントを頂いた方の様に、他人に矛先を向けて自分の人生から目を背けている訳ではありませんので、まずそこは同列に考えないで頂きたいです。

 

20代女性は20代男性を求めている

これは確かにそうかもしれません。他の要素(経済力、学歴、ルックス、人間性などなど)が全く同じであれば、わざわざ年上を選ぶ理由はあまりないでしょう(中には単純に年上の方が好きな人もいる)。

 

しかし、年上の男性の場合、

  • 経済力のレベル感がある程度見えている
  • 人生経験があるので、女性に嫌な思いをさせる事が少ない

といったメリットがあります。

 

30代でも経済力がある程度あるという事は、その後の人生において同程度、あるいはそれ以上の経済力であり続ける可能性が高いというメリットがある訳です。一度その年収に到達したという事は、何らかの技術を持っていたり、あるいは何かを常に学んでいこうという姿勢がある訳で、それがあればその年収を維持し、あるいはその後さらに上昇する可能性もあるでしょう。

 

20代男性は若く魅力的に見えたりするかもしれませんが、その後の経済力の伸びは全く未知数です。生涯、年収300万円を超える事はないかもしれません。逆に1000万になるのかもしれませんが、それは全く未知数です。

 

また、年上の男性の場合、それなりに人生を長く生きていますので、考え方や経験が成熟している可能性があります。自分の意見をゴリ押しする事しかできない20代男。自分だけ気持ち良くなり、さっさとイってしまって女性を悦ばせる事を知らない20代男。仕事の仕方が分からず毎日上司に怒られ、そのストレスを女性に吐き出す20代男。女性をイスに座らせ、自分はソファでリラックスしている20代男。一緒に成長していくのも1つの楽しみではあるかもしれませんが、スキップできるならスキップしてしまってもいいのでは?

 

そう考えれば、自分が20代でも30代男性を選ぶ可能性は十分にあると考えられます。実際、そんな夫婦はいくらでもいますよね。

 

30過ぎのオッサンは痛いので街コンに来るな

これは上記の話とも関連しますが、実際に私は街コンで出会った何人かの20代の女性とお付き合いをさせて頂いています。それは前述の様に、私に何らかのメリットを感じたり、人間性が合いそうだ、という判断をして頂いた結果だと思います。

 

つまり、まだ私自身、婚活市場において自分の価値をある程度相場観として感じられているという事です。

私はこれからも必要に応じて街コンに参加させて頂きます

結論として、私はまだ婚活市場に提供できるメリットがあるし、実際私を選んでくれる20代女性がいるので、必要に応じて街コンに参加させて頂きます。

 

コメントを頂いた方も、自分なりに価値を認識し、戦略を練られてはいかがでしょうか。

 

それでは皆様、後悔のない人生を。